1. ホーム
  2. 薄毛の基礎知識
  3. ≫ダイエットで禿げるのか?薄毛と食事の関係

ダイエットで禿げるのか?薄毛と食事の関係

diet_01

ちょっと前までは、薄毛やハゲは遺伝が原因と考えられて「治らない症状」とされていました。

ですが、最近では薄毛やハゲの研究も進み、いわゆるAGA(男性型脱毛症)の中にもいろいろな原因があることがわかってきました。

  • 遺伝
  • 生活環境
  • 食事
  • ストレス

もちろん遺伝的体質もありますが、生活環境(睡眠、喫煙、飲酒)・食事・ストレスも薄毛やハゲを助長させる原因であり、それらを適切にコントロールすることで薄毛やハゲを食い止めることができることもわかっています。

そうやって、頭髪など身だしなみに気を遣う男性が増えてきたことはいいことなのですが、ハゲや薄毛に逆効果となるものもあります。

それが、過度なダイエットや食事制限です。

過度なダイエットで薄毛は急激に進行する

突然ですが、SMAPの草彅剛さんって知ってますか?
まあ知らない人はいませんよね。

草彅さんは一時期、周りが心配するほどの薄毛になっていました。テレビを通してもわかるくらいでしたから、実際には相当髪の毛が薄くなっていたと思います。

最近は髪の毛が増えたように黒くてツヤのある髪の毛に戻ってきました。

世間では「盛った!」「増毛した!」「かつらを乗せてる!」といった噂も多いですが、草彅さんは完全に育毛に成功した実例です。

草彅さんも最近のテレビで「役のため過度なダイエットをしたときに抜け毛が増えて髪がどんどん細くなっていった。最近ようやく回復してきた」とハッキリ言っていました。

ジャニーズ事務所のタレントがテレビで髪の毛のことに触れるなんてあり得ないことでビックリしましたが、そんなことを言うくらいですから本当のことでしょう。

草彅さんの例をみてもわかりますが、髪の毛(頭髪)と食事には密接な関係があります。

でもなぜ、過度のダイエットをすると髪の毛が抜けて薄毛やハゲになってしまうのでしょうか?

ダイエットで薄毛やハゲになる原因

髪の毛を作り出すタンパク質が不足する

髪の毛や爪といった部分はほとんどがタンパク質でできています。このタンパク質は体の中で勝手にできるわけではなく、食事で摂取するしかありません。

ダイエットをするということは、「タンパク質を制限する=髪の毛を生成する栄養分を摂取しない」ということになってしまいます。

最近は「糖質制限ダイエット(炭水化物制限ダイエット)」が流行ってます。できるだけ炭水化物を抑えてタンパク質を摂取するようなダイエットですが、それでもダイエットしないときに比べればタンパク質の摂取量は少なくなってしまいます。

頭皮環境が悪化する

ダイエットすると髪の毛の栄養がなくなるだけではありません。

髪の毛自体が重要なのは言うまでもありませんが、髪の毛と同じくらい重要なのが頭皮環境です。

頭皮は髪の毛が生えるための「土壌」なので、その土壌の状態が悪くなれば生えてくる髪の毛も細くて薄いものになってしまいます。

食事制限して栄養を絞ってしまうと、頭皮もカサカサと乾燥した状態になってしまい血行も悪くなってしまいます。血行が悪くなれば栄養分が運ばれなくなるので、髪の毛や頭皮の状態はどんどん悪化します。

タンパク質が足りなくて髪の毛が生成されないよりも、頭皮環境の悪化で抜け毛が増えて薄毛やハゲが進行する方がかなり深刻な状態です。

薄毛やハゲに気づいたときの対策

薄毛やハゲの対策というと一番に何を考えますか?

おそらくスカルプケアシャンプーや育毛剤を使った対策を考えると思います。またAGAクリニックでは治療薬が処方されるとか。

確かにそれも重要ですが、シャンプーや育毛剤と同じくらい重要なのが食事の改善です。

AGAクリニックでも、まず真っ先に改善されるのが生活習慣と食事です。

食事の改善

まず過度なダイエットをしているのなら、ダイエットはやめてください。薄毛やハゲの対策となる食事をすれば自然と体重も減っていきます。

薄毛対策・ハゲ対策となる食事内容は以下のとおりです。

  • 脂っぽい食事を控える(ラーメン、揚げ物)
  • 飲酒を控える
  • 鶏肉、豚肉を中心とした高タンパク質、低カロリー
  • 豆腐、納豆などの大豆製品を毎日1回は食べる
  • 米や小麦など炭水化物もしっかり食べる

脂っぽい食事・飲酒を控える

脂っぽい食事(ラーメン、揚げ物)や飲酒はできるだけ控えましょう。

脂や飲酒は頭皮を刺激して、頭皮環境を悪化させます。皮脂が過度に分泌されたり、逆に乾燥してカサカサな状態になる原因です。

全く食べたり飲んだりしないのは無理ですが、付き合いなど必要のない時以外は食べない・飲まないようにしましょう。

鶏肉・豚肉を中心とする

肉類を食べるときは、鶏肉・豚肉を中心としましょう。

高タンパク質低カロリーなので、髪の毛にも体にもいい食事です。またビタミンやミネラルも豊富なので、頭皮環境を良好な状態に維持する効果もあります。

豆腐、納豆などの大豆製品を食べる

豆腐や納豆などの大豆製品を1日1回は食べるようにしましょう。豆腐や納豆などの大豆製品も、良質なタンパク質です。

お昼の定食やお弁当にちょっと豆腐や納豆を付けるだけでもいいです。夜の食卓に豆腐を1品追加しましょう。

米や小麦などの炭水化物もしっかり食べる

タンパク質が髪の毛にいいからといって、それだけ食べる偏った食事はNGです。

米や小麦などの炭水化物は体のエネルギーになるものです。血流を良好な状態に保って体の代謝をよくする働きがあります。

体の代謝が良くなると、古くて弱った髪の毛を新しくてハリのある髪の毛に再生する循環が活発になるし、そのために必要な栄養素も頭皮に流れやすくなります。

髪の毛の再生力を高めるためにも炭水化物は重要な食事です。

育毛剤やスカルプケアシャンプー

上記のように、食事を改善して頭皮や髪の毛の再生環境が整って、はじめて育毛剤やスカルプケアシャンプーの効果が発揮されます。

  • 育毛剤:毛穴に浸透して発毛組織(毛乳頭や毛母細胞)を直接刺激する
  • スカルプケアシャンプー:頭皮環境を整えて髪の毛が生えやすい状態を作る

といった効果があります。

髪の毛の生育に必要な栄養を食事でしっかりとった上で、発毛対策・育毛対策をすることで初めて薄毛やハゲをストップさせて、太くてハリのある髪の毛を再生させることができます。

self_haegiwa

上記の写真は、食事改善をして、育毛剤やスカルプケアシャンプーでケアした後の僕の生え際です。ツヤとハリのある髪の毛が生えていますよね?

一時期は頭皮が見えてしまうほどの薄毛になっていましたが、適切な食事・育毛剤・シャンプーでここまで改善することができました。

髪の毛に食事内容は非常に重要です。

ぜひ自分の食生活を改めた上で育毛剤やスカルプケアシャンプーを使ってみてください。よほどのことがない限り、髪の毛は再び太く生えてくるはずですよ!

薄毛を克服した僕がおすすめする育毛剤の一覧を見てみる

こちらからシェアできます

おすすめ育毛剤ランキング

全てのハゲに効果あり!迷ったらコレ1本で間違いなし
CHAP UP(チャップアップ)
5
全体薄毛★★★★★
M字ハゲ★★★★★
O字ハゲ★★★★★
価格★★★★★
サービス★★★★☆
CHAP UP(チャップアップ)

全体薄毛・M字・O字すべての薄毛に効果のある育毛剤です。

医師監修の育毛剤で、AGA治療でも使われている発毛成分を配合しているのが特徴。副作用のない完全無添加で、購入者の97%が効果を実感したという口コミの高さもあります。

1本(1ヶ月~2ヶ月分)が7,400円で購入できる安さも魅力。育毛サプリとのセットが9,090円で購入できる安さも魅力です。

とにかく髪の毛を生やして元のようなボリュームを取り戻したい!というのならチャップアップで間違いありません!

IQOS(イクオス)
M字ハゲ・O字ハゲなど部分薄毛に効果あり!
IQOS(イクオス)
4.5
全体薄毛★★★☆☆
M字ハゲ★★★★★
O字ハゲ★★★★★
価格★★★★★
サービス★★★★☆

M字ハゲ・O字ハゲなど部分薄毛が得意な育毛剤です。

最新スカルプ成分「Algas-2(アルガス2)」配合で、毛穴の奥深くに入り込む浸透力と薄毛を確実に太くする育毛力が魅力の育毛剤です。

厚生労働省認可の薬用育毛剤で発毛効果は折り紙付き。定期購入で他の育毛剤よりも値段が安いのも魅力のひとつです。

育毛剤は継続使用してこそ効果を発揮するものだから、価格面でもおすすめできる育毛剤です。育毛剤と合わせて「発毛・育毛効果のある栄養素を摂取できる育毛サプリ」も人気で、サプリも合わせて飲むことで相乗効果を生み出します。

ザ・スカルプ5.0C(THE SCALP5.0C)
薄毛をボリュームアップ!全体薄毛の特効薬
ザ・スカルプ5.0C(THE SCALP5.0C)
4.3
全体薄毛★★★★★
M字ハゲ★★★★☆
O字ハゲ★★★☆☆
価格★★★★★
サービス★★★☆☆

全体的な薄毛をボリュームアップする育毛剤

最新スカルプ成分「キャピキシル」配合で、頭皮環境の改善して細くなった髪の毛を太くする効果があります。全体的に薄く細くなった髪の毛を太くハリのある髪の毛に戻してボリュームアップすることが得意な育毛剤です。

育毛効果が強いため、病中・病後などの脱毛の回復にも効果があり、病気を機に薄くなってしまった髪の毛にも効果を発揮します。